HOME > ご挨拶

会長あいさつ

第9回通常総会並びにその後の理事会において、会長に選任されました藤井福吉でございます。会長職4期目となりますが、新型コロナウイルス感染症禍にあってその責任の重さを痛感しているところでございます。

昨年度はグローバル経済に襲い掛かった新型コロナになすすべもなく、公益目的事業や各種会議が中止に追い込まれてしまいました。

しかし、人間が媒介している感染症であれば、個々人がその対応策を厳しく守っていけば、感染拡大は縮小出来るものと思われます。

本年度の目標は次の3点を掲げて法人会運営にあたりたいと思っています。

先ず、事業計画にも掲げておりますとおり、法人会は企業経営者の集まりであり、異業種団体の経営者が知恵を出し合い経済活性化の目的をもって、本年度は公益目的事業等を実施していきたいと考えております。

「くらじっ子事業」や「直方法人会寄席」等、人との接触が多い公益事業を実施することはコロナ禍にあっては大変なことではありますが、コロナ対策を十分にとって、1歩ずつ前に進んでいく気構えを持って実施に辿り着きたいと思っています。

次に、組織の立て直しを図りたく存じます。

コロナのため止む無く退会を選択された会員の方々の無念さを思い、本年度から再度右肩上がりの会員拡大傾向にもって行きたいと思います。

そのためには、支部活動の活発化が必要となってまいります。

直方法人会をさらに飛躍させていくためにも、支部組織の見直しも検討したいと存じます。

支部活動の活発化を目指し、組織力を高め、地域経済の活発化が実現できるよう、会員の皆様方のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

公益社団法人直方法人会 会長 藤井 福吉